旅するうたげ ~日本酒×日本茶による地域活性~

Description
<English follows Japanese>

日本全国津々浦々。食べる、触れる、旅したくなる、「旅するマーケット」。
地域にかかわる”人”や”思い”が出会い、結びつく場である「旅するスタンド」では、
さまざまなイベントが継続的に行われています。

今回は、外国人人材と日本人人材をコミュニティ化する事業を展開し、日本茶を含む
日本文化を広めたり、外国人が日本で暮らすサポートを行っている藤田大次郎氏と、
日本酒の資格である「唎酒師」と焼酎の資格である「焼酎唎酒師」の上位資格である
「酒匠(さかしょう)」 を世界最年少で取得した山口奈緒子氏を迎え、
「日本酒×日本茶による地域活性」をテーマに交流会を開催!

お酒を片手に、楽しく語り合いましょう。
 

開催日 :12月13日(金)
開催時間:19:00~21:00
開催場所:新虎通り「旅するSTAND」(東京都港区西新橋2-16-6先)
アクセス:東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」1番出口より徒歩6分
東京メトロ三田線「内幸町駅」A3出口より徒歩7分
JR山手線「新橋駅」より徒歩10分
参加費 :無料(ドリンク、フードをキャッシュオンにて提供)
定員  :40名
協賛  :NIHON Ambassador  https://www.nihon-ambassador.com/

~旅するマーケット~ こちらに今後のイベント情報も掲載されていきます
https://www.tabisuru-market.jp/
https://www.facebook.com/pg/tabisuru.market/events/?ref=page_internal



藤田大次郎
株式会社ルシール 代表取締役CEO/株式会社CO&CO 執行役員CCO
日本語教師/日本茶博士
京都大学工学部を卒業後、ジョンソン・エンド・ジョンソンに就職。
営業として4年間行い優秀な成績を収めている事が認められ、営業職のトレーナーとして営業人材の教育を行う。
その後スタートアップ2社で、輸入卸・マーケティング・農産物ブランディングの担当者を歴任。
その際に感じた「日本発、世界へ」のマーケットニーズをコンセプトに、
地元京都で日本茶のティースタンドを開業するために退職し、起業。約2年間事業を行うも数字が改善せず失敗。
2店舗を閉店し、2017年からは日本語学校やコワーキングスペースを運営する株式会社CO&COの取締役COO(Chief Operating Officer)として参画。
事業統括責任者として外国人人材と日本人人材をコミュニティ化する事業を展開。
黒字化が困難と言われるコワーキングスペース業界において、支店開店から約6ヶ月で単月黒字化を達成。
その後、CO&COのコミュニティ担当役員のCCO(Chief Community Officer)として
日本好き外国人人材と日本人をつなぐ活動をする傍ら、
自社で『日本好き外国人』をネットワークするコミュニティ事業を開始。
日本茶を含む日本文化を広めたり、外国人が日本と暮らすサポートをしている。
日本語学校経営・海外進出支援事業の自身の経験から、日本が世界で通用するには日本人が頑張るだけではなく、
既に世界中にいる「日本人よりも日本に関心があり、愛している」外国人の熱意と力を借りることが必須だと感じている。
世界の中ではマイノリティな日本を愛するその熱は凄まじいものがあり、
日本人にもその熱意が伝播し、日本人にも日本愛がさらに芽生えると信じている。


山口奈緒子
酒匠
日本酒のテイスティング資格である「唎酒師(ききさけし)」を20歳で取得。
23歳のときには、当時250人程度しかいない「酒匠(さかしょう)」 を世界最年少で取得。
当時株式会社Clearの運営していた日本酒定期購入サービスにてインターンをし、
そのまま同社に入社して日本酒専門メディア「SAKETIMES」の立ち上げに参画。
1年後に退社し、3年半ほどITメガベンチャーなどでメディア関連企業に従事。
2018年11月にカナダ・バンクーバーに渡り、現地の酒蔵では主に営業を担当。
バンクーバーエリアでの新規販路拡大に貢献した。2019年6月、帰国。現在に至る。

※イベントの内容は、予告なく変更となる場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

========================================================================

Wanting to eat, feel, travel throughout Japan,
Introducing the “Tabisuru Market”

Here, various events are continuously being held at the “Tabisuru Stand”, where people and their thoughts meet and connect.

We welcome two speakers. One is Daijiro Fujita, who is developing businesses to integrate foreign and Japanese people in communities, promotes Japanese culture including Japanese tea, as well as providing support for foreigners to live in Japan.
The other is Mr. Naoko Yamaguchi, who was the youngest in the world to acquire the “Sakasho”, a license that give the prestigious qualifications of a “sake master” and “shochu master”.
This gathering will be held on the theme of “Nihonshu” (Japanese sake) and “Nihon cha” (Japanese tea) for regional revitalization where you can enjoy talking over sake!

■ Profile
Daijiro Fujita
Upon graduating from Kyoto University, he joined Johnson & Johnson, where he was appointed as a sales trainer based on his outstanding performance over four years in sales. He then left the company for the two startup compnies where he dealt in wholesale import, marketing and branding agricultural products. This experience inspired him to open a Japanese green tea stand in his hometown of Kyoto to address market needs. After closing the tea stand which he ran for two years, he launched and operated a coworking space business which he brought to profitability six months from launch -- a rare feat in the industry. Since 2017, he has been the Director & COO (currently CCO) of a startup coworking space/Japanese language school.
Through his experience providing support for foreigners to live in Japan, he believes that Japan needs enthusiasm and power from Japan lovers all over the world.

Naoko Yamaguchi
Sake Sommelier (Master of Sake)
Naoko acquired Kikisakeshi, a licensed sake tasting certification, at the age of 20.
When she was 23 years old, she was the youngest in the world to acquire the Sakasho license, which only about 250 people had acquired at the time.
She worked as an intern for Clear Co., Ltd. sake periodic sake purchasing services, and joined the company as it was to launch the SAKETIMES Sake Specialty Media.
After she retired the company one year later, she worked for media-related companies in IT mega-ventures for about three and a half years.
In November 2018, she went to Vancouver, Canada, and was mainly in charge of sales at local sake breweries and contributed to the expansion of new sales channels in the Vancouver area.
In June 2019, she returned to Japan.

------------------------------ -------------------

Date: December 13 (Friday)
Time: 19:00 to 21:00
Venue: Shintora-dori “Tabisuru STAND” (2-16-6, Nishi-Shinbashi, Minato-ku, Tokyo)
Access: 6-minute walk from the first exit of Toranomon Station on the Tokyo Metro Ginza Line
7-minute walk from the A3 exit of Uchisaiwaicho Station on the Tokyo Metro Mita Line
10-minute walk from Shinbashi Station on the JR Yamanote Line
Participation fee: Free (offering drinks and foods on cash)
Participants: 40
Sponsors: NIHON Ambassador https://www.nihon-ambassador. com/

------------------------------ -------------------

Please apply here
https://tabisuru-koryukai1213. peatix.com/
※ The content of the event may change without prior notice.
 Thank you for your understanding.


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#501953 2019-12-06 00:13:27
More updates
Fri Dec 13, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
「旅するSTAND」
Tickets
旅するうたげ ~日本酒×日本茶による地域活性~ 参加券 FULL
Venue Address
東京都港区西新橋2ー16ー6先 Japan
Organizer
旅するマーケット 虎ノ門・新虎通りから日本の魅力を発信!!
921 Followers